やきとん各部位のご紹介 


 こめかみから頬にかけての部分です。ボリュームも
満点で一番人気の部位です。肉を含むので内蔵が苦手な人も安心していただけますが、やはり最高の魅力は「脂」の部分。歯切れよくしつこさもなく、焼酎や泡盛などの強いお酒にもよく合います。

 腸のことです。メニューには「ひろ」と書いてあります。
江戸っ子は「ひ」を「し」に、「し」を「ひ」と読むのでどちらが正確かはもはやなぞの領域に。身が薄く、ひだを作るように串に刺さっているので見た目は焼き鳥の「皮」のようですが、味は内臓ということもあり少し癖があります たれにも塩にも相性がいいので多くのお客様からの支持を得ている部位です。よく焼きにしたときのカリカリ感も魅力の一つです。

 舌のこと。語源は英語の”toung”から。焼肉屋さん
でもおなじみですね。独特の歯ごたえとうまみが特徴の
人気の部位です。「タン塩」という単語ができてしまった
ように、”塩”で食べるのが常識と思われていますが、
”たれ”で食べても濃厚なうまみとマッチしておいしく
いただけます。ぜひお試しを。

 胃袋です。英語で内臓全般を指す「Gut」から派生した言葉です。歯ざわりがよく、かめばかむほどに味が
出てくる隠れた逸品。山利喜スタッフの間でも一番の
おすすめ品でもあります。
 下町の人にはこの「がつ」のファンの方が多いようで一人で10本近く平らげてしまう方もいるほどです。

 ご存知肝臓のことです。牛や鳥も含め好き嫌いの
分かれる部位ですが、山利喜のレバはとにかく鮮度が違います!!実際に「山利喜でレバを食べてからレバが食べられるようになった」というありがたいお言葉も何度も頂戴しています。濃厚な味わいなのでタレが
おすすめ。塩強めも酒のつまみに最高です。

 直腸のこと。見事なネーミングです。シロからつながっていることもあって味はほとんど同じですが、肉が厚く、脂分も多く大変味わい深い部分です。"柔"の「しろ」に対してこの「てっぽう」はまさに"剛"ともいえるでしょう。
数が少ないので注文はお早めに。

のど周辺の軟骨をメインに、気管、食道、頚動脈、横隔膜(いわゆるハラミ)も組み合わさった一本で何度でもおいしい部位です。特に横隔膜の肉と喉の軟骨は旨味がたっぷりで、しつこくなく何本でも食べられそうなところが魅力です。
 軟骨の部分は当然硬いので歯が弱い人は食べるのが大変かもしれませんが、3歳のときからこれを食べているHP管理人はおかげさまで丈夫な歯の持ち主になりました。

  これは字のとおり子宮です。そのプリプリとした食感は歯ごたえのある部位が多いやきとんの中でも異彩を放っています。その独特の食感と、かつては中々手に入らなかった幻の部位だったこともあり、子袋も「がつ」と同様にコアなファンが多いようです。
個体差が激しく、小さいときは一頭分から5〜6本しか取れないときもあります。ご了承ください。

 心臓です。これも英語の”heart”からきています。
やわらかく脂っ気も少ないのでやきとん初心者には
うってつけの部位です。
 時々一緒に串に刺さっている白い部分は俗に
「ハツモト」と呼ばれる動脈の部分で、独特の食感が
楽しめます。

 軟骨を赤身の肉とともに細かく砕き団子状にしたもの。山利喜のやきとんの中でもっともレアなのがこの「軟骨のたたき」。一日15人前前後の限定品で早いときは開店5分で終わってしまうほどの人気商品です。

※お一人様一人前(2本)までとさせていただきます。
当ページの無断転載を禁じます。 足唐酢”。
Copyright(C) 2010 YAMARIKI All Rights Reserved